2016年はちょっと違う使い方にしたい前回の記事で「(2016年は)単なるスケジュール帳としてではない『手帳』としての使い方をしたいんだっ!」というお話をしましたが、その続きを。



スポンサードリンク



私の中での「スケジュール帳」と「手帳」の違い

2010~2012年のスケジュール帳前回から「スケジュール帳」と「手帳」とを区別して書いていますが、これは私が勝手に言っているだけで、私の中では
・スケジュール帳→「家事などのスケジュール+気になることなどのメモ」をするもの
・手帳→スケジュール帳でありながら、+αの役割を持つもの

として解釈しています。

「(2016年は)単なるスケジュール帳としてではない『手帳』としての使い方をしたいんだっ!」というのは、これまでのスケジュール帳に「+αの役割」を持たせたいんだ!ということです。

手帳は「理想の人生を送るためのツール」だと知る。

2013~2015年のスケジュール帳では「+α」って何なのかと言いますと。
これはスケジュール帳の使い方を考え直すきっかけの1つとなった藍玉さんのブログに書かれていることで、

手帳は日々つけるものですが、何のためにつけるかというと、理想の人生を送るためだと思っています。
(「手帳が続かない人は理想の人生を描いて目標設定しましょう♪|藍玉スタイル」より引用)

つまり、単にスケジュールを管理するものにするんじゃなくて「理想の人生を送るためのツール」にするということが「+α」です。

実はこちらの記事、過去に何度か読ませていただいてたんですけど、ある時本当に胸にすっと入ってきたんです。
そうか!手帳ってそういうものなのかっ!! 私もそんな風に使ってみたい(ドキドキ)!
以前も読んだことがあったのに、改めて「知る」という経験に変わった気がしました。きっとこの時私が求めていた・必要な内容だったんだなぁ。

私も「理想の人生」を送りたい!から「手帳」として使いたい!!

理想の人生を考える私、恥ずかしながらこれまで「人生」というものを真剣に考えたことがありませんでしたが、育児に追われるようになってきてからふと考えるようになってきました。

そんな中で、色んな本を読んだり(『まんがでわかる 7つの習慣』なんかも読んでた)、色んな方のブログ記事を読んだり…ということをしているうちに、
私の「人生」にも理想というか目標というか…そういうものを持ちたい!と思うようになってきました。

そしてある時。
理想や目標というものができたら、その目標やらを達成するために「手帳」を活用すればいいんだ!ということが、自分の中で消化できました。
藍玉さんの記事を始め、これまで出会った色んなものが自分の中でつながったような感覚。

こうして冒頭に書いたような「(2016年は)単なるスケジュール帳としてではない『手帳』としての使い方をしたいんだっ!」と強く思うようになり、ただいま奮闘中…なわけです。

「理想の人生」を知るために「やりたいことリスト」を作成中。

やりたいことリスト作成中とは言え、自分の希望を叶えるためのツールとして手帳を使うということが理解できただけで、まだ肝心の「理想の人生」や目標をまとめるには至ってません…
ここが前回の記事にも書いたように「まだぼんやりしている」「自分なりのイメージを膨らませている」と書いた理由です。
目標などがはっきりしていないと、具体的にどうやって手帳を使うのか?はぼんやりしたイメージでしかないですから。

うーん、何だろうな…私の理想の人生って。
ここの所、ずーっと考えてます(笑)。
とりあえず「やりたいことはやる人生」というのはあるんだけど、具体性に欠けるなぁ…という感じ。

なので。
いきなり閃いたりもしないでしょうから、まずは今自分の「やりたいこと」を知るために「やりたいことリスト」なるものを作っています。
これが意外に難しいんですよねー。
何でもいいから書こう!って思いながらも、自分の心に素直になれないというか…(汗)。
ついつい「私、欲深いわ…恥ずかしい。。。」とか思っちゃうんです。見栄っ張りなのかしら?
まぁ、ちょっとずつ進めてます。

*****

まだまだ肝心の「理想の人生」はまとまっていませんが、2016年以降は「手帳」として使えるように色々と試行錯誤していこうと思います。
機会があればまたその後のご報告をします(笑)。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

· TrackBack URI