「魔法の壺プリン」を食べてみました。ちょっと前ですが、たまたま立ち寄ったショッピングセンターの催事で「神戸魔法の壷プリン」を発見。
以前から食べてみたかったのでお買い上げ。



スポンサードリンク



このプリン、ネットショップの写真を見て「ちょっと小さそうなプリンやな」って思ってたんですけど、
実物見たら想像よりも小さかったです。
ショップにある表示によると、直径約57mm×高さ約60mm。
6センチって結構小さいですよね。

で…この小ささでお値段1個370円。(※私が催事で購入した金額です)
めっちゃ高級プリンやんっ!!と思ってしまいましたよ…私…(汗)。

「魔法の壺プリン」は3層壺の中でプリンは3層になっているもよう。
一番上は酸味のある生クリーム。
その下に濃厚なカスタード、底には苦みのあるカラメル。

「魔法の壺プリン」は3層3層になっているのを写真に撮りたかったんですが、無理でした。
この写真が私には限界orz
まぁ、私の写真の腕に問題があるのはもちろんなんですけども。
それ以前にこのプリン、すっごく柔らかくて。
スプーンを入れるとすぐ崩れちゃうというか混じっちゃうんです。

食べてみても本当に口どけを楽しむという感じ
口の中で溶けちゃう!って感じるプリンは初めてです。
いやー、すごい。

後味はカスタードの濃厚さがあっていいんですが…
洋酒の苦手な私にはカラメル部分がちょっとしんどかったです。お酒っぽさが強かった。
ただ、一緒に食べたダンナもお酒っぽさは感じてはいましたが、私ほど強くは感じなかったようですので。気にならない方は気にならないと思われます。

それと、カラメルがすっごく濃くて。喉にきましたw
これはダンナと私、共通でした。
喉にぐっとくるほどの濃いカラメルも初体験です。

全体的に大人ーなおしゃれーな味だな。というのが私の感想です。
子どもでも食べられるかな…うーん、私の感覚ではちょっと無理っぽいと思いました。

プリンとしては(個人的には)超高級な感じがするので、
「自分へのご褒美ー」とか、どこかへの手土産なんかに向いている気がします。

「魔法の壺プリン」は本当に壺に入ってた味もだけど、容器もオシャレですしね。
手土産で持って行くと喜ばれるんじゃないかな。
こちら、ほんとに陶器の壺なんですよ。ちょっとびっくりしました。
でも、この壺、かわいくて気に入ってます♪
碇のマークもかわいい。
しっかりしてるし、庭に生えてるハーブの水差しにでも使おうかなw

*****

この「神戸魔法の壷プリン」は、以前生チョコをお試しさせていただいた神戸フランツさんのプリン。
今回私は別のお店が出していた催事で購入しましたが、ネットでお取り寄せも可能です。
こちらで購入できます。→神戸フランツ

楽天・Yahoo!ショッピングでも購入可能です。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

· TrackBack URI