20090918-1
朝寝坊したり、起きれずにダンナ1人で朝ごはんを食べさせちゃうようなことが多いダメ嫁・さな。
なので毎朝おみそ汁を飲む我が家では、非常用としてインスタント味噌汁はかかせません(笑)。
そんな私が先日購入しちゃったのが、仁丹のおみそ汁です。



スポンサードリンク




はい、仁丹ですよ。仁丹。
あの仁丹さんはおみそ汁も販売してらっしゃいました。
こちらのおみそ汁、化学調味料・着色料・合成保存料無添加
しかも、具材は国内で穫れた野菜や海藻類を100%使用しているそうです。

でも、最近はそーいう謳い文句のおみそ汁も多いですから。
そのあたりは珍しくない点かもしれません。

なので、とりあえず食べてみました(笑)。
朝、寝ぼけ眼で撮った写真ですので…いつも以上にピンボケなのは許してください(汗)。

20090918-2
仁丹のおみそ汁はフリーズドライ製法。
生味噌タイプじゃないんですねー。

20090918-3
1杯当たりお湯160ミリリットルくらいを注ぎます。
20090918-4
お、さっそく具材が出てきました。わかめー。
20090918-5
しかし、溶けるの早いですわ。
普段寝坊したりした時に使っているインスタントのお味噌汁は生味噌タイプなのですが、
生味噌タイプはたまに溶け切れずに固まってることが…(いや、これは私が適当にやってるからなんでしょうけど)。
それに比べて、お湯を注いですぐ溶けるこのおみそ汁はちょっと嬉しかったです(笑)。

20090918-6
今回はまいたけをいただいたのですが、写真のようにちゃんと入ってます(笑)。
具材の大きさもいいし、歯ごたえもちゃんとまいたけ。立派なお味噌汁です。

今回いただいたまいたけのおみそ汁。
一口飲んで、その甘さにちょっとびっくり。
仁丹のおみそ汁は、具材によってお味噌のブレンド比率が違うんです
(まいたけとしめじは一緒みたいですが)
まいたけの場合は「甘味のある米味噌 6 : 京都の西京味噌 4」。
「甘味のある米味噌」の割合がちょっと多いからなのか、西京味噌が甘いのか…
とにかく、甘味をすごく感じました。
うちじゃ買わないタイプの味噌だったので、何か新鮮でした♪

ってか…。
毎朝おみそ汁飲んでますけど、自分でお味噌のブレンドする余裕なんてありません(汗)。
お味噌がブレンドされてると聞くと、すごい贅沢気分になっちゃいます。
そーいうことを自分でやろうと思っても、めんどくさくて合わせ味噌買っちゃうでしょう。私の場合(ぉぃ)。

あとね、このまいたけのおみそ汁にゆずも入ってたんですよっ
私、ゆずの風味が大好きなので感動してしまいました(笑)。
…これ、食べてる時に気づいたんですよね。
なので、食べながら写真撮るということができませんでした…(ダンナに失礼ですから)。

ダンナも
「なんか、お上品なおみそ汁やなー」って言いながら完食してました。
そう、ほんとにお上品な感じでした。
私が毎朝作ってるような…雑なお味噌汁ではなかったです(汗)。

20090918-7
今回は5種×2袋のセットをお試し買い。
20090918-8
お味は、ほうれん草・たまねぎ・まいたけ・しめじ・あおさがそれぞれ2袋。
この10袋で1,575円なので、1杯当たり158円くらいか…我が家には高級おみそ汁です。

最近、体調が悪い時とか起きれなくて「申し訳ないなー」って思うことが多いんですが
このちょっとお上品なおみそ汁で、ちょっと贅沢気分を味わってもらって
「ごめんねー。許してね♪」という気持ちが伝わればと思いました(笑)。
…甘いかしら。

本当は毎朝ちゃんと作らないといけないのでしょうが、
体調が優れない時とかはこーいう食品に頼るのも有りかと私は思ってます。
そして、どうせ頼るならこの仁丹のおみそ汁のようなこだわり食品の方が良いんじゃないかなーと最近思い始めました。
日頃食生活に気を配っていても、インスタントやレトルト食品などで添加物の多い物とか食べちゃってたら意味ないですよね。
その点、このおみそ汁のように化学調味料・着色料・合成保存料無添加の食品だと、ちょっと安心感があります。
それに、ちょっとお高い方が、自分に甘えなくていいかなーと(お財布的に…笑)。

このおみそ汁、たまーに利用させてもらおうかな♪と検討中です。

ごちそうさまでした☆

おみそ汁以外にも、こだわり食品があります。
ショップや商品の詳細は↓こちらから確認できます。
森下仁丹オンラインショップ

Amazonや楽天・Yahoo!ショッピング内にもショップがありました。
森下仁丹 楽天市場支店
森下仁丹オンラインショップ
Amazonで「森下仁丹」を検索


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

· TrackBack URI