『夢をかなえるゾウ2』を読みました。ようやく読みました、2を。
(以下ネタバレっぽいものも含んでますのでご了承ください)



スポンサードリンク



以前記事にもした「夢をかなえるゾウ」シリーズ。
最初に読んだ本の感想はこちら→「夢をかなえるゾウ」を読んだら動きたくなった。
2はちょっとテイスト変わってた気がします。

2の主人公は脱サラした売れないお笑い芸人。
そんな主人公にガネーシャが絡んできます。
さらには貧乏神の幸子さんまで。
1よりもストーリー重視?って印象の本でした。

今回の本の中でもガネーシャの教えは書いてありましたが、今の私にはガネーシャの教え以外の、
「貧乏神に嫌われるにはどうしたらいいの?」と貧乏神の幸子さんに尋ねる主人公と幸子さんの会話が一番興味深かったかもしれません。
なるほどねー…って、つい付箋貼りながら読んでました(笑)。

貧乏神という言葉を聞くとなぜだかお金のことだけを連想してしまいがちですけど、この本の中での幸子さんの話はお金の事だけじゃありませんでした。
人を喜ばせることや助けることなど、ガネーシャの教えに通ずるものが。
幸子さん、深いね…とうなっちゃいます。
そりゃ貧乏神とはいえ、ガネーシャと同じ神様ですもんねw

さらりと読めるけど、要所要所で考えちゃうのは前作と同じ。読んで良かった!

3も読みたいけど、諸事情で文庫本出るまで我慢することにしてます(貧乏神に好かれちゃうかしらw)。
はよ出んかなー♪

*****

ものすごく余計な話なんですが…。
主人公の芸人さんのツカミのネタが「こんにチクワ」というわざとすべるギャグなんですけど、
うちの娘は「こんにちは」とちゃんと言えなくて「こんチクワ」と言うんですよね。
めっちゃかぶってるやんっ!!!!!
と衝撃でした。はい。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

· TrackBack URI