「O-MUSUBI」のレシピで作ってみました
先日ご紹介したロフト限定の「カロリーBENTO」というお弁当箱。
実際に同封のレシピでおにぎりを作ったりと使ってみました。
カロリーが気になる人に★ロフトオリジナルカロリーBENTO



スポンサードリンク



おさらい:「カロリーBENTO」とは?

Loft限定「カロリーBENTO」を見てきました。
以前記事にしたので簡単にご紹介しますが、「カロリーBENTO」は東京家政大学とロフトのコラボで生まれたお弁当箱で、栄養学科の学生さんが考えたレシピがセットになっています。
このレシピ通りにお弁当を作れば、カロリーや栄養価がわかるお弁当になるということです。
ダイエットや健康管理でカロリーなどを気にされている方には便利なお弁当箱ですね。
2015年に第1弾が発売され、今年第2弾が発売されたということで、結構反響があったのかもしれません。
この「カロリーBENTO」、先日参加したロフトの「『秘密の屋根裏』のぞき見会!」というイベントで1ついただいたので、実際に使ってみました。

同封のレシピでおにぎりを作ってみた。

「O-MUSUBI」の専用レシピ
私がお土産でいただいたのは「カロリーBENTO」の中の「O-MUSUBI」というもの。おにぎりを入れられるお弁当箱です。
同封されているレシピもおにぎりメイン。
おにぎり大好き!(というよりお米大好き)なので、10種類あるうちからいくつか作ってみました。

「O-MUSUBI」のレシピで作ってみました
まずは「色どりバランスおにぎり」。
紅ショウガがアクセントになっていて、シンプルだけどおいしいおにぎり。
味付けに昆布茶を使っていますが、もうちょっと昆布茶を入れて濃いめの味付けにすれば良かったかも…
枝豆が意外にお腹膨らましてくれます。

「O-MUSUBI」のレシピで作ってみました
続いて「えだまめとじゃこのおにぎり」。
見た目はシンプルな和風おにぎりに見えますが、プロセスチーズが入ったちょっと変わった味。
「ここにチーズ入れるの?」とレシピを見てちょっと躊躇しましたが、食べてみると意外においしい。
鰹節や醤油などの和風なモノにもチーズって合うんだな…という驚きのあったおにぎりでした。

「O-MUSUBI」のレシピで作ってみました
そして「まぜるだけ!バター香る鮭のちゃんちゃん焼風おにぎり」。
これは結構濃い味のおにぎりでした。

「O-MUSUBI」のレシピで作ってみました
鮭フレーク・みそ・砂糖・みりんを混ぜた具を包んだおにぎりなんですが、個人的にはこの具を混ぜご飯にしちゃっても良さそうと思いました。
おにぎりにするなら、具は1か所にまとめない方がもっとおいしく食べれそう。濃い味が好きな人にはおススメなおにぎりです。

「O-MUSUBI」のレシピで作ってみました
最後に「野菜もとれる梅おにぎり」。
これはものすごくシンプルなおにぎりでした。
でも、枝豆で結構お腹いっぱいになるかも…(あ、最初のおにぎりと感想が被ってしまった)。
梅干しを叩くのがめんどくさかったので、市販の梅ペーストを使いましたが一番簡単に作れたおにぎりでした。

…今気づいたのですが、全部枝豆が入ったおにぎりでしたね(汗)。

私は料理が好きではないので(あ、言っちゃった)、10種類のレシピの中でもものすごく簡単にできる4種類だけ作ってみましたが、どれもおいしかったです。
おいしいだけじゃなく、カロリーや栄養価もわかるので、食事に気を付けている人には良いレシピではないでしょうか。

「カロリーBENTO」がおススメな人

自分で適当に(笑)作ってみた
このお弁当箱を使ってみて前よりも具体的に考えました。
「どういった人におススメなお弁当箱なのか?」と。

私が思ったのは、おにぎり好きな人には楽しいお弁当箱だ、ということ
特に、自分で色んな具材のおにぎりを作ったり創作(笑)するのが好きな人には使えるお弁当箱だと思いました。

↑例えば、この大葉が前面に押し出されたおにぎりは私が適当に作ったもの。
しらすとにんにく醤油とごまを混ぜておにぎりを作り大葉を巻いた(というより貼りつけた)だけ。
私にはレシピを考えることができませんが(何せ料理好きじゃないのでw)、こういったおにぎりアイデアを形にするのが好きな人には楽しいお弁当箱だと思いました。

それから、写真でもわかると思いますが、このお弁当箱に入るおにぎり1個が結構大きめなので、プラスで粉末のスープなどを持ち運んで一緒に食べたら、女性なら満足できると思います。(私は大食いなので物足りませんでしたが)
なので、女性向けのお弁当箱だなーと。

そして、おにぎりはラップで持ち運んでいる人
こういうお弁当箱に大きめのおにぎりを1つ入れて持ち運べば、おにぎりが崩れることもないです。
何よりラップで包んだおにぎりをそのまま持ち運ぶよりはちょいとオシャレかも(洗い物は増えますけどねw)。

あと、このお弁当箱はおにぎりだけじゃなくて、小丼(こどんぶり)のようにも使えます。実際レシピも1つ載ってます。レシピ以外でも親子小丼とかに使ってもいいかも。
ですので、丼物を食べたいけど食べ過ぎたくない人にもいいかもしれません。

また、正確なカロリー計算をしたい場合は、付属のレシピ通りに使う必要がありますが、そこまで厳密に管理していない場合でも、ご飯の量や具材などで大まかなカロリー管理はできると思います
ですので、ちょっとしたダイエットをされている方にもいいんじゃないかと。(ただし、炭水化物制限していない人限定になるでしょうが)

うーん、私が思ったのはこれくらいでしょうか。
なんにせよ、おにぎりを作るのが好きな人・食べるのが好きな人には楽しいお弁当箱だとは思いました。

「カロリーBENTO」はロフト限定です。

Loft限定「カロリーBENTO」を見てきました。
ということで、イベントでいただいた「カロリーBENTO」の「O-MUSUBI」を実際に使ってみた感想をまとめてみました。
今回私が使ったのはおにぎり用のお弁当箱でしたが、普通のお弁当箱もたくさんあります。
容量や色も種類がいくつかありますので、チェックしていただくとお気に入りが見つかるかもしれません!

ただこちらのお弁当箱はロフト限定ですので、興味のある方はお店で手に取って見てみてください。
お近くにロフトがない場合は、ロフトネットストアでも取り扱いがありますのでチェックしてみてください。
購入はこちら→カロリーが気になる人に★ロフトオリジナルカロリーBENTO


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

· TrackBack URI