豆苗1か月半ほど前の話なんですが、スーパーで何気に豆苗を買いました。



スポンサードリンク




私自身、それまで豆苗を使ったことはなく
単に「最近野菜が高くて手が出ないねー」と悩んでいる時に
お安い値段で目に入ったから買った、という感じです。

豆苗の説明豆苗はえんどう豆の若菜。何やら栄養も豊富らしい。
お安くて栄養も豊富なら、言うことないです。

我が家では炒め物にちょっと入れたり、生でサラダにして食べたりしてます。
最近のお気に入りは、アボカドとトマトと一緒に和えたサラダ。
豆苗とトマト、アボカドのサラダトマトと豆苗はクレイジーソルトで少し味をつけ、アボカドを入れてからアボカドにかけるようにレモン汁を入れ、全体を混ぜます。
それだけ(笑)。
豆苗自体、味もカイワレほどクセもないので食べやすい。
私は結構気に入ってます。

豆苗は再収穫できる。

そんな豆苗。
実は再収穫できるらしい。

豆苗は再収穫できるしかもパッケージに堂々と書いてあるんです。
生産者さんに遠慮することなく育てて食べることができます。

実際育ててみた

育ってきた豆苗↑こちら、1度目の収穫頃の写真。こんなに立派に育ちます。

やり方は簡単。水につけておくだけ。
水は毎日変えます(冬場は2日に1回程度でもいいみたいです)。
私は豆苗1パックを半分にして豆腐のパックに入れたり、豆苗1パックそのままエリンギの容器に入れたりしました。

それだけで「通常7~10日」で育ち再収穫できるらしいんですけど…
我が家は最初、その日数では育ちませんでしたorz

私が育てていたのは2月末~のまだ寒い時期。
しかも、水替えの絡みで日当たりの良くないキッチンそばに置いていたんです。
なかなか育たない。
写真まで育つのに多分2週間くらいかかったと思います。

写真の豆苗を育てている時に
RouxRil Mom」のもかりさんが豆苗の記事を書かれていると知りました。
そうだ、豆苗(とうみょう)を再収穫しよう

この記事を読んで
「やっぱ日当たりの良さや温度って大事なんだー…」と思い知らされました。
夏はそんなぐんぐん育つのか!と驚いたんです。

記事を読んだ前後辺りから少しずつ暖かい日が出てくるようになってきていて、それからは写真くらいに育って収穫できるように。
やっぱ日当たり・温度は必要だと実感しました。

再収穫は1~2回が限度

時間がかかりましたが、何とか1回目収穫。
その後もまだ収穫できるかも!?と期待を込めて水替えをしていました。
2回目も1週間以上はかかりましたが、何とか収穫できました。

しかし
3度目の収穫は無理だった…私がやった限りでは2回が限度。
3回目になると↑この写真の茎のように細くなります。
伸びる前に茎が折れてしまい、そこから枯れてしまいました。
数本だけ元気に育ったりもしてましたが、大半は育ちませんでした。
あと、水もにごりやすくなってきました。

2回目も茎が細くなってきてたので、おいしく食べるなら再収穫は1回にしておいた方がいいのかもしれません。
1回目は茎の細さはそれほど気にならなかったのでいや、やっぱりちょっと気になるかも。)

ただ、温度や日当たりなどの環境によって違ってくると思います。
あくまでも我が家の場合は「2回目はかろうじて収穫できて3回目は無理だった」ということで。

とは言え…再収穫させてくれた豆苗、なかなかすごい奴です(笑)。

<2013年3月追記>
豆苗の再収穫について色んなブログを読んでいたんですけど、
種が黒くなったり、カビが生えてきたりという状態になると良くないみたい。

黒くなるのは栄養分がなくなってるってことだろうし、カビはもちろん良くないのはわかる…。
けど、2回目の再収穫の時そんな状態だったような気が…(汗)。カビはさすがに捨ててたけど。
なので、今後は再収穫は1回にしようと思います。
(というか、すでに飽きてきていて。再収穫するとしても1回だけにしてますw)

あと、再収穫したものは火を通した方が良いと書かれた方もいらっしゃいました。
確かにそうかもなーと思ったので、私も今後はそうしようと思います。
<追記ここまで>

*****

我が家の豆苗たち豆苗のサラダにはまってしまったので、我が家では豆苗が何個も育てられています。
(写真は4パック分ですね)

おかげで以前購入したスプラウトのセットに手が出せない。
スプラウト栽培キット@花くらす*野菜くらす を購入してみました。 
しかも、あのセットの中に豆苗もあったので…今育てている豆苗がダメになっても育てられます。

我が家の豆苗生活、しばらく続きそうです(笑)。

スプラウトセットも…栽培始めたらこちらでご報告します(汗)。
e87.com(千趣会イイハナ)
※「花くらす*野菜くらす」は2014年に「イイハナ・ドットコム」と統合されたそうです。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

· TrackBack URI