牛久大仏見学2月末に茨城県にある牛久大仏(うしくだいぶつ)を見に行きました。
大仏も圧巻でしたが、子連れでも楽しめる場所だったのでおススメです。



スポンサードリンク



牛久大仏とは

牛久大仏見学牛久大仏って名前は聞いたことがあったんですけど、どういった特徴があるとかっていうのは全く知りませんでした。
なので「青銅製立像」で世界一とギネスに登録されていると知って、めっちゃ驚きました。

展示されていた資料より奈良の大仏なんて、めっちゃ小さく感じる大きさらしいですよ。
自由の女神より大きいらしいですよ(実物見たことないけど)
実際並べてみたい…

牛久大仏しかし、ほんっとに大きい大仏でした。

胎内見学ができます。

こちらの大仏は、胸のあたりの高さ・地上85メートルまでエレベーターで上がれます。
(ちなみに胎内は土足厳禁ですので、脱ぎやすくて軽い靴で行くことをお勧めします)
一旦4階までエレベーターで上がり、5階まで階段です。

各階の概要ですが。

4階展示資料4~5階には、大仏が作られる過程の資料や、教えに関する資料などが展示されています。
5階にはお釈迦様の遺骨というものも安置されていました。

5階窓からの景色5階の窓から東西南北が見渡せましたが、あいにく霞んでいて何も見えませんでした…
晴れているとスカイツリーや富士山も見えるらしいですよ。
(この写真の方角が富士山の方角かどうか覚えてないです…メモし忘れた。)
窓といっても小さくて、太い柵のようなものがあるので、景色を楽しむことはできません。が、四方を観て回れるのは楽しいかも。

3階はお寺でいうところの本堂。
たくさんの仏様がいて、しかも金ぴかです。…ほんとにぴかぴかです(しつこい??)。

写経スペースがあります2階では写経体験ができます。
私もやってみたかったんですが、娘がしびれを切らして暴れたり大声出したりし出したので諦めました。
ちなみに500円くらいからできたようです。

…おおまかですが、胎内見学はこんな感じ。
写経しなかったら1時間もかからないで回れると思います。

注意:小さなお子さんを連れて行かれる場合、入り口付近でいったん暗闇の部屋に入れられます。
知らずにいると子どもさんが怖がって大変なことになると思いますので(実際体験したw)、お子さんに「暗くなるよ」と教えてあげるなどしてあげてください。

隣の小動物公園は小さい子でも楽しめます。

園内の小動物公園があります大仏様の胎内見学を終えたら、すぐ隣にある小動物公園へ。
こちらではウサギとリスを間近で見て触ったり、エサをあげたりできます。
子どもたち、大喜び。
大人も小動物のかわいさにメロメロです。

ダンナ、ウサギにたかられるの図ウサギはお腹が空いているのかたくさん集まってきてくれましたが(ダンナのズボンにウサギの足跡がw)、
リス、満腹みたいでしたリスは満腹なのか、あまり食べに来てくれませんでした。残念。

小動物公園は小さな敷地ではありましたが、敷地内に小さいながらもすべり台もあったし(あと何かの遊具もあったような気がする)、子どもは退屈しないんじゃないかな。

ちなみに、うちの娘は「また来ような(はーと)」とダンナにおねだりしてましたw

園内は花がいっぱい!!…らしい。

パンフレットにお花がいっぱいの光景がこちら、春と秋はお花がめちゃくちゃきれいそうです。
いただいたパンフレットを観て、お花がたくさん咲いている時期に来てみたいなーと思いました。
5月にお花摘みもできる花もあるみたいで、娘に摘ませてあげたいですしね。

大仏様足元から園内を眺めるそれに園内は結構広いので、子どもが走り回っても大丈夫そうです(笑)。

梅咲いてましたちなみに、私たちが行った2月はお花畑のお花はまだ咲く準備をしているようでしたが、梅はきれいに咲いていましたよ♪

それから、こちらの園内にお弁当など持込みしても大丈夫だそうです(今後のために、先ほど電話で聞いてみました)。
通路など邪魔になるところはもちろんダメですが、シートを敷いたり、ベンチなども一部あるので、そちらで食べると良いらしいです。
これからの季節、ピクニック気分で楽しめそう!!

仲見世もちょっとだけあります。

仲見世アーケード入り口に入ってすぐ、アーケード調の通路で何軒か仲見世があります。
が、ほんとに何軒かです。
お土産を買うくらい。
でも和菓子とか老舗っぽい感じのお店もあって、もしかしたら有名なお菓子だったのかも…と後から思いました(笑)。

レストランありますレストランも1軒ありました。
でも狭いので、春や秋の人が多そうな時期だとこちらで食べるのはひょっとしたら大変かもしれません。
(お花が咲く時期の混み具合を知らないので何とも言えないんですが。)
園内のお花畑などがある広場へお弁当など持って行く方が、落ち着いて食べられるかも。

料金など

浄土式庭園があります料金は季節によって違います。
私たちが行った時期は12月~3月料金で大人700円・子供400円。
4月~11月は大人800円・子供400円。
大仏胎内・庭園(写真の浄土式庭園)と小動物公園の入園料セット料金です。
子供料金は4歳以上だったように思います。
JAF会員証でさらに100円引きになりました。

駐車場は敷地内にあります。無料。
乗用車820台と書いてありますので、かなり広そうです。
私たちが行った時期は園入口付近の止められたので(あまり人がいなかった)、どれくらいの広さか?という確認までしていないです…。

料金などの改定もあるかもしれませんので、詳細は公式サイトでご確認されるのをお勧めします。
牛久大仏

まとめ


大仏の見学は子どもには退屈でしょうが、広い園内と小動物公園で子どものテンションが上がって楽しめる場所だと感じました。
春や秋、花の季節にまた来てみたいです。
子ども連れでも十分楽しめる施設ですので、個人的にはおススメです。
公式サイト→牛久大仏


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

· TrackBack URI