無印良品「「塩化ビニールカバー再生紙マンスリー・ウィークリーノート・2012年12月始まり B6・ホワイトグレー」2013年のスケジュール帳も無印良品のものにしました。
今回購入したのは「塩化ビニールカバー再生紙マンスリー・ウィークリーノート・2012年12月始まり B6・ホワイトグレー」です。



スポンサードリンク



2010年から無印良品のスケジュール帳を使っています。
見開きで左がウィークリー・右が方眼のメモになっているタイプを毎年愛用。
でも、来年用に今回購入したスケジュール帳は、これまで3年使っているものとちょっと違います。

12月始まりのスケジュール帳で好みのものがあった!

2010年と2012年のスケジュール帳は10月始まりのもの。
デザインはカバー付だし色もシンプルだしで気に入っていました。
でも、10月から12月まで余白が多くなることがストレスでした(貧乏性だから)。
スケジュール帳を買いました♪
2012年のスケジュール帳も無印良品で買いました。

2010年に使っていたスケジュール帳の10月から12月の空白がどうしても気になって、2011年に12月始まりのものにしたんですが、
デザインで好みのものがなかったんです。
結局、空白が少ないことを重視してデザイン面で妥協したんですよね(赤色自体は気に入ったけど)。
2011年のスケジュール帳も無印良品で選びました。

しかし、1年使ってみてやっぱりカバーがついている方がいい!と思い、
2012年はデザイン面を重視・10月始まりだという点は目をつむりました。

妥協に次ぐ妥協…orz

しかし!今年はありました!!
12月始まりで、2010年・2012年に使っていたものと同じ塩化ビニールカバーの白(正確にはホワイトグレー)のデザインが♪
これで10月から12月までという長い期間の白紙のページが気にならなくなります!

カバーがついているのでポケットとしても使えるそれに、
・カバーがついていること
・表紙裏に付箋が入れられること(ページ移動させたいメモに付箋を利用しているので)
この2点はありがたいです。
見つけた時はかなり嬉しかった!!

A6サイズ→B6サイズへサイズアップしてみた。

A6サイズ→B6サイズへ変えてみたこれまではA6サイズのスケジュール帳を使っていました。
しかし、最近メモ欄を使うことが多くて
「メモが…足りん…(汗)」という週が増えてきました。

使わない時は本当にメモ欄も空白のことが多く、A5だと大きいし…と思っていたので毎年A6にしていたんですけど。
まさかB6サイズがあったとは(汗)。

この3年間気づかなかっただけなのか?
それとも、新しく登場したサイズなのか?
この辺りわかんないんですが、A6だと小さくてA5だと大きすぎる私にはB6サイズはいいサイズだな!と思い、今年はこのサイズにしてみました。

基本的な使い方はこれまで通り

見開きはこんな感じ私はウィークリーには予定や家事のサイクル管理、
メモ欄にはブログ関連やイベント関連のメモ
という使い方をしています。

家事は最近さぼり気味なんですが(汗)、ちゃんとやっていた時は
週1回の家事や月1回の家事など、忘れやすいことはこちらに書いておいて、
「ここの掃除、前いつやったっけ?」ということがないようにしていました。

メモ欄は本当に自由に使っていて、思いつくままに書いているので、使い方も何もありません(笑)。

マンスリー部分に関しては、1か月単位でスケジュールを見渡せるようにしているだけで、
ウィークリーに書いている予定と同じことをマンスリーに書いています。

予定の少ない私なので、マンスリーもウィークリーも空欄が多いです。
とは言え、ウィークリーはメモ欄が足りない場合は緊急のメモ欄にしています。

ただ、マンスリーは本当に空欄が多いのでさみしいです。
さみしいと思いながらもそのまま放置していたんですが、藍玉さんがとてもおもしろい使い方をされていて
「おおっ!そんな使い方もあるのか!」と思いました。リンクを貼らせていただきます。
無印良品の手帳の使い方(2)マンスリーが空白でスカスカで寂しいときの対策 (「藍玉スタイル」より)
私と同じように空欄が多い方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

*****

スケジュール帳の使い方は人それぞれ。
それぞれだからこそ個性が出るけど、自分らしい使い方を見つけるのに色々試行錯誤しちゃいますよね。
私は特にこだわった使い方をしているわけではありませんが、何か参考になれば嬉しいです。

今回購入したスケジュール帳は無印良品の店舗で直接購入。ネットストアでも販売されています。
購入はこちら→無印ネットストア


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

· TrackBack URI