ミズノの発熱ウエア「ブレスサーモ エブリ」のタイツ機会をいただいて、ミズノの発熱ウエア【ブレスサーモエブリ】タイツ(レディース)をお試ししてみました。



スポンサードリンク



ミズノの「ブレスサーモ」とは

ミズノの「ブレスサーモ」とは私も今回初めてその存在を知ったミズノの「ブレスサーモ」。
ブレスサーモという、人間の体から出る水分をエネルギーにして発熱する繊維を使ったウエアがミズノの「ブレスサーモ」です。

ブレスサーモの原綿このピンクっぽいものがブレスサーモの原綿。
これに水を吹きかけると、熱をもつんです!!
(水を吹きかけられる瞬間に写真撮ってしまったので…見づらくてすみません)
これがかなりあったかいんですよー。
「え?熱い??」って、ちょっとびっくりしちゃった。

人間は常に体から汗などの水分が出てますので、それを利用して発熱するという仕組みになっているらしい。

「ブレスサーモ エブリ」はブレスサーモ9%使用今回お試しさせていただいたシリーズ「ブレスサーモ エブリ」はこのブレスサーモが9%使用されています。
もう少し厚手でウィンタースポーツなどで活躍する「ミドルウエイト」は10%、
さらに厚手で極寒地対応モデルの「ヘビーウエイト」は16%使用だそうです。

履き心地は?

「ブレスサーモ エブリ」のタイツの丈いただいたのが「タイツ」という名称だったので、足先まであるストッキングのようなタイツだと思ってたんですけど
開封したら、くるぶし丈くらいのスパッツのような形でした。
(ちなみに、私の身長160センチちょい・Mサイズ着用です)
私、冷え取り実践中で5本指ソックスが手放せないので助かります。

「ブレスサーモ エブリ」のタイツの生地タイツという名前ですが、私が思う「タイツ=ストッキングより厚手のもの」よりもしっかりした生地。
一般的なタイツのようなテロテロした素材に比べ、生地がしっかりしている分若干固さがあります。
とはいえ、ゴワゴワまではしません。
うーん…伝わるかな…(笑)。

「ブレスサーモ エブリ」のタイツの生地履き心地はいいですよー。
すごく伸びるタイプの生地ではなく、体にほどよくフィットします。
フィット感という意味では「タイツ」のような履き心地かも。

普段、私は某プライベートブランドなどでよく売ってるようなレギンス+レギパンまたは普通のボトムスを履くんですけど、
この「ブレスサーモ エブリ」のタイツを履いても、いつも通り重ね履きできました。

温かさは感じられたのか?

さて、肝心の温かさについて。
発熱する素材だから…と言って、これを履いたからめちゃくちゃ温かくなった!ということはないです。
9%の使用率ですからね。

ただ、主に家の中で履いていたんですが、
「ブレスサーモ エブリ」のタイツの上に普段よりも薄手のジャージを履いていても平気だったし、
こたつやストーブを切っている時間も、普段のレギンス履きの時より長かったように思います。

また、寒い雨の日に外出で履いて出た日もあり、その日はいつもよりも下半身の冷えを感じずに済んだ気がしました。

個人的には普段履くレギンスよりこっちの方を好んで履きたかったので、
いつもより冷えを感じる度合いは低かったのかもしれません。
ちょっとお気に入りになりつつあります。
タイツ以外にもシャツもあるので、上下で着るとさらに良さそう。

*****

今回お試しさせていただいたタイツはベージュなんですけどね…
これを履いている姿をダンナに見られ、「股引みたい」と言われました。
ベージュはベージュで使いやすいし、「ええやん、下に履くだけなんやから…」と思いましたが、
やっぱりちょっとショックだったので、タイツは黒がいいかも…と密かに思ってしまいました。

「股引みたい」と言われても多少気にする程度の私のような女子の気持ちを捨てつつある人ならまだしも、
女子力まだあるわよっ!!って方はそんなこと言われたくないですよねっ(笑)。
そんな方向けに、「女子のブレスサーモ」という“女子による、女子のための温かインナー”ウエアも出てるみたいです。

「女子のブレスサーモ」 ラウンドネック長袖シャツベージュもベージュで使いやすいけど、やっぱかわいさを求めるのもいいですよね。
ピンクがある時点で女子っぽい。
こちらはネット限定。→【ブレスサーモエブリ】ラウンドネック長袖シャツ(レディース)
女子っぽさを求める方は、こちらのシリーズが良さげですよ。
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

*****

私も何気に履いてしまっている【ブレスサーモエブリ】タイツ(レディース)
普段のアンダーウエアとしても着やすく、重宝できそうです。
ミズノの「ブレスサーモ エブリ」は↓こちらで購入できます♪
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

· TrackBack URI