以前「スピードラーニング英語」のサンプルCDについて記事にしましたが、
(→「スピードラーニング 英語」のサンプルCDを聞いてみました。
『スピードラーニング・ジュニア』のサンプルCDも聞いてみました。
今回はその感想を。



スポンサードリンク




我が家には子どもはおりませんが、
子どもがいたら、その子にも英語に興味を持ってもらいたいと漠然とですが思っています。

小学校でも英語が必修になるとかいうお話も耳にしましたが、
そういった学校対策という理由からではなく(まだいないから考えていないだけですけど)、
単に「どうせなら一緒に海外旅行をしたい!」と思っているからです(結局遊ぶ目的。笑)。

なので、将来に備え(気が早い)
子ども用の英会話教材ってどんな感じなの?という興味からサンプルCDを聞かせていただきました。

サンプルCDの内容

1.導入
2.(今から教材の抜粋を流します、という宣言)
3.教材抜粋。英語→日本語
4.教材抜粋。3.の内容を英語のみで収録

全部で4トラック/16分程度の内容です。

最初の導入部分ではまず、
「英語をしゃべれるようになってどんなことがしたい?」と問いかけます。
そして、英語が話せることで夢が広がっていくといったお話があります。

大人の私が聞いても「そうだねー、夢が広がるよねー」と思ってしまい、
実際、聞きながら色々1人で夢を抱いていました(そんな年でもないんだけど。笑)。
英語に興味を持っている子どもが聞いたらワクワクするだろうなー。

その後に、スピードラーニングの聞き方について少し説明がありました。
ここでは楽しんで聞くことを勧めていて、
何かをしながら聞いたり、無理せず休んで気分転換してもいいと紹介されています。

具体的に、学校の準備をしながらや食事をしながらなどという場面を挙げられていて、
「そんな時でもいいのかー」と思えますし、
無理をしなくてもいいと言われると、
子どももプレッシャーを感じずに聞けるんじゃないかなー、と思いました。

3.の教材の抜粋では4つのお話(会話)を収録。
子ども同士の会話(2つ)・童話の冒頭部分(みにくいアヒルの子)・科学のお話(という分類でいいのかしら?)という4つです。

『スピードラーニング英語』と同様に、
最初に「ポンッ」という音が入り英語が流れ、その後に日本語。
「ポンッ」という音で英語を先にキャッチさせ、
すぐに日本語が流れてくるから、意味が分かるので辞書がいらないようになっています。

その後4.に、先ほどの4つのお話が英語のみで流れます。
こちらは本当に英語のみ。ぽんぽん会話やお話が進みます。

ジュニアならではの構成

『スピードラーニング英語』と違い、
バックミュージックはクラシック音楽ではなかったです。
何の曲なのかはわかりませんが、ピアノで演奏された曲が流れています。
それに科学のお話の部分では、宇宙を連想させるような音が流れていました。
何というか…科学っぽい雰囲気が出てます(笑)。
子ども用教材では、引き込むためにもこのような演出は大切なんでしょうね。

子ども向け教材ということもあり、やはり全体的に明るい・元気な雰囲気のCDでした(笑)。
また、試聴用を聞いただけですが、童話や科学物といった子どもを引き込むストーリー性を持たせているような印象を受けました。
個人的には童話が聞いてみたいな。

ただ、もうちょっと抜粋部分が長いと嬉しかったかも。
抜粋の英語→日本語と英語のみで約12分。
あっという間でちょっと短く感じます。
子ども向けだから短めなのかもしれませんが、もう少し聞いてみたかったです。
(試聴用なんだから、物足りなくて当たり前なんでしょうけど。笑)

*****
『スピードラーニング・ジュニア』は小・中学生対象ですが、大人が一緒に聞いても全然いいと思います。

特に小学校低学年など一緒に聞くことができる年齢のお子さんをお持ちの方であれば
一緒に聞き、一緒に英語を口にしてみるのがいいのではないでしょうか。

サンプルCDの最初の導入部分でも、聞いた英語をどんどん口に出そう、と推奨されているので、
お子さんと一緒に楽しみながら聞いたり英語を口にしたりすると、
お子さんも楽しんで英語に触れられるでしょうし、何より大人も一緒に英語を習得できるかも…です♪
…年齢が上がると「一緒に」というのは難しいかもしれませんが(汗)。

今回聞いたサンプルCDも、10日間の無料試聴用のCD。
このCDを聞いてから、続けるかやめるかを決めることができます。
(返品は教材未開封・10日以内)

「スピードラーニング 英語」のサンプルCDを聞いてみました。の記事でも書きましたが
この10日以内なら返品できるっていう点は、フル活用したほうがいいと思います。

特に『スピードラーニング・ジュニア』の購入を考える場合は、大人が自分自身の事を決めるのとは違い、
子どもの事を判断することになるので、教材の情報だけで続くかどうかを判断するのはより難しいと思います。
英会話教材ってお高い買い物ですから、お子さんが楽しんで・続けて聞けるかどうかを実際見てから決めたいですよね。
そのためにも、10日の無料試聴期間はフル活用したほうがいいと思います。

興味のある方は↓こちらから詳細をご確認ください。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

· TrackBack URI