「スピードラーニング 英語」の無料サポート 『フリートーク』
先日、『スピードラーニング英語』の無料サポートの1つである『フリートーク』にチャレンジしてみました。



スポンサードリンク




スピードラーニングを聞き始めて5か月経過しました。
その間、私はひたすら聞いているだけ(笑)。
「聞き流すだけ」という勉強法にちょっと中だるみしてしまっているのが正直なところだったりします。
→詳細は前回の記事へ。「スピードラーニング 英語」5巻を聞いてみました。

そこで、自分を奮い立たせる(?)ために
「フリートークにチャレンジしよう!」と思いました。

『フリートーク』とは

1.あなたの好きな時間に外国人スタッフまたはバイリンガルスタッフと、自由なトピックで、電話で会話、1回の電話は5分程度、レッスン料は無料(通話料のみお客様負担)
2.『スピードラーニング』受講中なら誰でも利用できます。 聞き取りができてきたあなたは 『フリートーク』で実践&モチベーションアップ
<サイトより引用>

こんなありがたいサポートが月2回まで利用できます。
それなのに、私がこれまでチャレンジしなかったのは
単に怖かったから。

「普段、日本人同士で話すことすら苦手な私なのに…電話で外国人と話せるのか?」とか
「英語、全然話せる自信ないのに、電話して大丈夫?会話成立しないんじゃないか?」とか、
電話する前にもわーんとした不安が頭をよぎってしまい。
どうにもこうにも電話をかける勇気が湧かなかったのです。

それでも、このままじゃだめだ!と感じたところがあり。
先ほど書いたようにフリートークにチャレンジする決心をしました。

しかし。
いきなりフリートークは無理。

そう。決心したはいいものの、
「いきなり、『英語で好きに話していいよ』って言われても…無理(汗)」と、
どうしても「英語で自由に話す」という壁が越えられない。
そこで「リッスンアンドリピート」を利用することにしました。

「リッスンアンドリピート」とは

1.外国人スタッフまたはバイリンガルスタッフの英語を、聞こえたとおりに発音するだけの電話レッスン、1回5分程度、レッスン料は無料(通話料のみお客様負担)
2.内容は『スピードラーニング・イングリッシュ』第1~48巻の中から単語とフレーズを抜粋
3.『スピードラーニング』受講中なら誰でも利用できます。
<サイトより引用>

『フリートーク』専用の番号にかけて、「Listen&Repeat,please」と一言言えばレッスンしてもらえます。
これなら私でもできそう??とかすかな期待を持って電話をかけました。

レッスン中の様子:あたりまえだけど英語でやり取り

「リッスンアンドリピート」をお願いしても、最初から最後まですべて英語でやり取りです。
自分がどの巻のレッスンを受けたいのか?の指定もしないといけませんし、
軽くあいさつしたり名前を言ったりといったやりとりもありました。

電話がつながったと思ったらすぐ英語が聞こえてきたので
私、頭の中が真っ白になりました。
(実際、一瞬固まって無言電話になってしまいました。スタッフさん、ごめんなさいです。)

名前を言ったり、「リッスンアンドリピート」をお願いすることは何とか言えましたが、
自分が今何巻を聞いているのかもわかんなくなって、スタッフの人に聞いてしまう始末。
ほんと、パニックだったのかも(笑)。
それでも片言単語で何巻をレッスンしてほしいのかわかってもらえて、無事レッスンしてもらえました。

いざレッスンが始まると。
ちゃんと言えなくて戸惑っても(時に固まって無言になってしまっても)「大丈夫、大丈夫ー」という感じで声をかけてくれるし、
何とも優しい雰囲気でした。
そして、とにかくほめてくれる。
子どもがほめられると、きっとこんな気持ちやわ。。。と、ほめまくられた子供の気分を味わいました(笑)。

レッスンを終えての感想

レッスン自体はとにかくほめてくれるので、後半くらいになってくると緊張もほぐれてきて、若干楽しく感じたりもしました。

しかし、レッスンの終わりが告げられて最後に声をかけてくれた内容が
「あと1回今月電話できるから、その時はフリートークをやってみたら?」的なことだったんです。
…ええ、正解は今となってはわかりませんが。私はそういう風に(勝手に?)解釈しました。

そう言われた時に、どう返していいのかわからなかった。
それに、最後電話を切る時にどう言って切っていいかわからなかった。
「ありがとう」だけは言えたけど、もっと言葉を返したかった。
「うー…もどかしい…」
そんな気持ちで最後にもやもやが残ってしまったんです。

そのもやもやで気づきました。
「あれ?私、めっちゃ英語で話したくなってるんじゃないの(汗)?」と。

たった5分ほどのレッスンとちょっとした会話だったのに、その5分でもっと英語を話せるようになりたい気持ちが高まりました。
いつもCDで聞いているような「受け身」な英語(私は流れている会話を聞いているだけですから、そういう意味での「受け身」な英語)と触れている時間ではなくて、
「自分に言ってくれている。自分も返事をしたい。」という気持ちになれる時間だったんです。
これって、英語で話がしたいってことですよね。

英語を話せるようになりたい、という思いはずーっと持ってるつもりでしたが、
そうなりたいのは、
海外に行っても人と話ができるようになりたいから
だという、ごくごく当たり前のことを最近は忘れていたような気がします。
そうですよね、英語も言葉なんですよね。
今回そのことを思い出させてくれた『フリートーク』に感謝しなくては。

今月あと1回チャレンジできるんで、できれば電話したいなーと思っています。
(年末の用事がまだ済んでいないので、「そんなことしてる場合?」とダンナに怒られるかな。笑)
ただ、やっぱり「フリートークはできるかなぁ…」と、未だに不安。
それに、もう一度電話をかけるのはやっぱり緊張するし、勇気がいるかも。
回を重ねて慣れるのが一番なのかな?
ありがたさはわかったけど、私の場合は気軽に利用できるようになるにはまだ少し時間がかかりそうです(笑)。

スピードラーニングを利用されている方で、この無料サポートを使っていない方がいたら
このサポートを利用されることをほんとお勧めします。
また、スピードラーニングに興味を持たれている方がいらっしゃいましたら、
この無料サポートも教材選択をする際にスピードラーニングの特長の1つとして知っておいていただくといいかもしれません。

*****
無料サポートも充実しているスピードラーニングの詳細は↓こちらからご覧になれます。

※モバイルはこちら→スピードラーニング英語

※教材についてまとめた別ブログもあります→聞き流し英会話教材体験記

(※最終更新:モバイル用リンク追加)


関連記事

1 Comment for this entry

※コメントは管理人の承認後に公開されます。 公開前後にかかわらず、管理人が不適切と判断した場合には削除等させていただきますので ご了承ください。
  • さな より:

    YUさんへ

    こんにちは。コメントありがとうございます。

    YUさんも聞き取りづらかった部分も少しあったんですね。
    でも、おっしゃるように最初は誰だってそんな部分があって当たり前ですよね。
    私だけじゃなかったんだ!と安心しました(笑)。

    リッスン&リピートもフリートークも、電話をするまではすごく勇気がいりますよね。。。
    色んな不安が頭をよぎります。
    回数を重ねて慣れるのが一番なのかもしれません。。。(自分にも言い聞かせ中)

    YUさんはお仕事お忙しい中でも、隙間時間を活用されているんですね。
    私は家事をしながら聞いたり、パソコンを見ている時にバックミュージック的にかけていることが多いです。
    あとは寝る前にストレッチをしながら聞いたりしています。
    お仕事されている方の参考にならない聞き方ですみません(汗)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

· TrackBack URI