西福寺開山堂石川雲蝶という人の彫刻を見たくて、魚沼市に行ってきました。



スポンサードリンク




西福寺前にある銅像石川雲蝶は「越後のミケランジェロ」とも言われている(らしい)江戸時代末期の彫刻家。

…なぁんて知ったかぶって書いてますけど。
私はこの石川雲蝶という人はもちろん、彫刻や絵画などの美術品の有名な作品すらほとんど知らないど素人(笑)。

そんな私が石川雲蝶という人の彫刻を知ったきっかけは、昨年の佐渡島旅行の帰りにもらった地方紙の1ページ。

そこには魚沼市にある西福寺開山堂の天井の彫刻が掲載されていたんです。
お寺のホームページでご覧になれます。
西福寺開山堂

素人の私が見てもすごい迫力。
めちゃくちゃかっこいい!!!
実物観たい!!!
そう思い、地方紙の切り抜きを大事に取っておきました。

そして1年後。観に行くことにしました。
実物、めちゃくちゃかっこよかったです。
大して興味もなかったダンナも
「ええもん見してもろたわー」って言うてました。

私が訪れたのは、魚沼市にある西福寺と永林寺です。

西福寺開山堂

西福寺開山堂外観私が地方紙の1ページで観た彫刻があるのがこちらの西福寺開山堂内の天井。
中は撮影禁止だったので、私がお見せできる写真はありません。
それほど大きな建物ではありませんが、天井一面の彫刻は圧巻です。

開山堂の外にも石川雲蝶の彫刻があります。
冒頭の写真は↑こちらの開山堂の1階の屋根の下部分にあるもの。

西福寺開山堂 外中に入る前に先にこちらの彫刻を鑑賞。
色も付いていないのに、見とれてしまいました。

中の作品も外の作品もすぐ観終れると思われるかもしれません。
でも隅から隅まで、じっくり観たい。
じっくり観れば観るほど、新たな発見がありそう。そう思ってしまう彫刻でした。

西福寺開山堂 外本当に細部までこだわってて、躍動感があるっていうんでしょうか…
ど素人の私が見ても、ただただ「すごい!!」って思いました。

もっとじっくり観たいんですが…他にも鑑賞されてる方がいらっしゃるので、正直じっくり鑑賞は難しかったです。

西福寺開山堂

拝観料は大人300円です。
私たちは40~50分ほど見学。
開山堂内では自動で作品解説のアナウンスが流れていたので、それを聞きながら観るとおもしろいです。

※関越自動車道の小出インターから車で5分。駐車場もお寺の隣にあります。
5分とありますが、私たちはもうちょっとかかりました。
のろのろ走ってたからでしょうか(汗)。
カーナビで設定できればわかると思います。ややこしい道ではなかったです。
冬期は拝観時間が短くなっていますし、大雪の場合は閉門することもあるそうなので、行かれる際は要確認してください。

永林寺

永林寺 外観永林寺は本堂の中に彫刻や絵があり、こちらは一切撮影禁止。
しかし、本堂の至る所にある彫刻が素晴らしかったです。
「ここのお寺におる人、幸せやなー」と意味不明なことを呟いてしまったくらい、この場にいつでもいられる人がうらやましかったです。

欄間1つ1つの彫刻それぞれが色鮮やかで、すごく細かくて、迫力があります。
西福寺開山堂の天井一面の彫刻とまた違って、1つ1つの違った作品を鑑賞できました。

西福寺よりもじっくり、ゆっくり鑑賞できるんですが。
私、長時間は無理でした。
底冷えがすごい(汗)。
雪もまだ残ってたので、ほんとに寒かったです…。

永林寺

拝観料は大人300円です。
30分ほど見学させていただきました。
本当はもうちょっと観たかったんですけど…足の冷えに負けたのと、
キリがなさそうだったので、踏ん切りつけて作品と別れてきました(涙)。

※西福寺から車で20分くらいでした。駐車場もすぐ隣にあります。
関越自動車道では堀之内インターから車で5分ほどだそうです。
お寺付近には案内してくれる看板もあるんですけど、道がわかりづらかったです…(汗)。

*****

今回、これらの彫刻を見るためだけに魚沼市を訪れました。他に観光してないんです(笑)。
新潟…三重からはちょっと遠いな…と途中くじけそうでしたが、観れて本当に良かったです!!
新潟の他の場所にもいくつか作品があるようなので、それらもいつか観てみたいなー…と新たな目標ができました。
いつか実現させます♪

【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元! ※モバイルはこちら→じゃらんnet
楽天トラベル(※モバイル共通)
Yahoo!トラベル ※モバイルはこちら→Yahoo!トラベル
るるぶトラベル ※モバイルはこちら→るるぶトラベル
【JTB】国内旅行 ※モバイルはこちら→旅館・ホテル予約はJTB
国内の宿泊予約は日本旅行 ※モバイルはこちら→宿予約は日本旅行


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

· TrackBack URI