クロックスのブースにて先日参加したイベントでクロックスの担当の方と「幅広の足のサイズの人」の話になりまして。
実際私もどちらかというと幅広タイプなこともあって、「幅広の人にはこれがお勧め」というお話を聞いてきました。



スポンサードリンク



クロックスと一言で言っても、デザインは豊富。

クロックスのブースにて何度か記事でも書いていますが、今では「クロックス=サンダル」というだけのイメージではありません。
本当にいろんなタイプの靴が出ています。

少し前にご紹介した、見た目オシャレな革靴もあるし、ゴルフシューズまであるとか。
クロックスの「thompson 2.0 lace(トンプソン2.0レース)」がめちゃくちゃかわいい!

昨日ご紹介したブーツも、クロックスとは思えないかわいらしさ。
クロックスのブーツ、実物見たら予想以上にかわいかった。

ほんと、色んな種類の靴が出てます。

ただ、サンダルのイメージのままのクロックスだと幅広の足の私でも気にせず履けるんですけど、
そうじゃないデザインのものが増えてくるとちょっと不安も。

クロックス 「キャップトゥ ウェッジ ウィメンズ」ウィメンズでちょっとおしゃれっぽい↑こういう靴だと、「幅広の私でも履けるかな…」と不安になります。

実際、↑こちらの写真の「キャップトゥ ウェッジ ウィメンズ」はつま先部分が固めになっているので、幅広の人にはちょっときつく感じるかも…とのこと。
ちょっとしたお出かけにも使えそうな靴なのに。残念だなー。

幅広タイプの方には「クロスライト一体型」の靴がお勧め

確かに「幅広サイズの私にはちょっときつそう…」というものがあるのも事実。
でも、幅広サイズの人にお勧めのものもあるらしい!
それが「クロスライト一体型」のタイプの靴。

クロックス 「ウィオナ フラット パテント」イベントで見せてもらった「ウィオナ フラット パテント」もクロスライト一体型の靴。

クロックス 「ウィオナ フラット パテント」クロスライトは軽くて柔らかい素材のため、幅広のタイプの人でも痛くなりにくいんだそうです。
確かに柔らかくて、小指側とか痛くなりにくそうな素材です。

クロックス 「ウィオナ フラット パテント」モデルになってくださった方はそれほど幅広タイプではないらしいんですけど、
別の担当の方が幅広の足らしく、「これいいですよー」っておっしゃってました。

ただ、こういうタイプの靴って…すぐ伸びそうな気が。
「履いているうちに伸びたりしないの?」と聞いてみたところ、
「クロスライトは伸びないんです!!」とおっしゃってました。
そうなんだー。伸びないんだったら長く履けそう!

特に人気なのが「アリス ワーク」

幅広タイプの方に特に人気なのが↓こちらの「アリス ワークicon」。
icon
icon
実物が見れなかったのが残念。

柔らかい素材のため、1サイズ下でも良さそうとのこと。
足に余裕のありそうなデザインってことですね。

「ウィオナ フラット パテント」はストラップがついてないから、歩いている時にパカパカ脱げそうですけど(笑)、
「アリス ワーク」ならストラップがあるから、歩くのも安定しそうです。
これ、良さそう。

*****

以上、聞いてきたお話をまとめてみました。

ブーツなど先が丸くて広い靴だとそれほど悩まないと思いますが、
ウィメンズのちょっとしたデザインの靴でのサイズ選びに迷われた方の参考になれば嬉しいです。

いろんなタイプの靴がどんどん出てきているクロックス。
オンラインショップでサイズ選びのポイントなんかもチェックできますので、気になる方は↓こちらからどうぞ。
クロックス オンラインショップ


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

· TrackBack URI